日常あった事や動画、映画の感想など好きな事書いていきます。

カウンター 

プロフィール 

☆かのん☆彡

Author:☆かのん☆彡
2月20日生まれ
うお座です!
主に動画やおもしろ画像、映画の感想など何でもありの日記を書いていきたいと思います!宜しくお願い致します。
m(__)m

音楽ログ 

自動的に音楽が流れます♪

YouTube再生をする時には、この音楽ログをOFFにしてから、再生して下さい。

最近の記事 

最近のトラックバック 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

私の頭の中の消しゴム

01.jpg


建設会社の社長令嬢のスジンは、天真爛漫なお嬢様。建築家志望のチョルスとコンビニで運命的な出会いをし、二人はすぐに恋におちてしまった。温かい家族に囲まれて育ったスジンと違い、チョルスは孤独に生きてきた男だったが、スジンの献身的な愛に結婚することを決意。二人は晴れて新婚生活を迎える。建築士の試験にも受かり、幸せいっぱいの二人だった。しかし、スジンはある時から、物忘れがひどくなり、自分の家への道順すら忘れてしまうようになった。病院で、スジンは若年性アルツハイマー症だと診断される。

『四月の雪』でヨン様とともに大注目のソン・イェジン。ピュアで愛くるしい笑顔は、韓国映画の宝石と呼ばれるのも、納得の麗しさである。そんな美しい彼女だが、本作では若年性アルツハイマー症に苦しむ。スジンは最後には自分が誰であるかも、そして、心から愛したチョルスのことも忘れてしまうのである。しかし、スジンと出会ったことで、チョルスは縁を切っていた母親とも復縁し、愛することを知っていく。記憶はなくなっても、チョルスには大きなプレゼントを残してくれるスジンなのだが…。監督は、これがデビューとなるイ・ジェファン。チョルスを演じるのは、『武士―MUSA』のチョン・ウソン。福山雅治似のナイスガイで、日本でもブレイクの予感だ。

20061217003001.jpg




この映画は、初めDVDで観ましたそして今日またTVで観ました

実際に私も仕事をしてた時、若年性アルツハイマーの患者さんを診て来ました全く映画のように、新しい記憶からなくなっていく…。
ホント切ない気持ちで、その患者さんとは接していました。

映画を観て、また切ない感情になって来ましたです
スポンサーサイト
2006/12/17 00:16|映画TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kaeru11.blog77.fc2.com/tb.php/27-22779827

お知らせ 

2004 5/12 kae-ruとは…。自分を変える。そんな事を思ってこのサイトをつくりました。                  2009/1/1 明けまして、おめでとうございます<(_ _)> 早いモノで、2009年、突入です!!今年は、どんな年となるか?楽しみです!!(o^∇^o)ノ  

ケロール情報 

けろっち 

ケロッグ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。