日常あった事や動画、映画の感想など好きな事書いていきます。

カウンター 

プロフィール 

☆かのん☆彡

Author:☆かのん☆彡
2月20日生まれ
うお座です!
主に動画やおもしろ画像、映画の感想など何でもありの日記を書いていきたいと思います!宜しくお願い致します。
m(__)m

音楽ログ 

自動的に音楽が流れます♪

YouTube再生をする時には、この音楽ログをOFFにしてから、再生して下さい。

最近の記事 

最近のトラックバック 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

電車男(映画)

P1.jpg


TVで映画の「電車男」を観ました
秋葉系ヲタク青年、22歳。彼女いない歴、もちろん22年。そんな彼が、電車の中で酔っ払いに絡まれていた美女を助け、お礼にエルメスのティー・カップをもらう。女性と話したことのない彼は、この出来事に舞い上がり、インターネットの掲示板の住人たちからアドバイスを受けることに。かくして「電車男」と呼ばれるようになった彼は、勇気を振り絞って「エルメスさん」を食事に誘う。髪を切り、服を買い、入念に準備をしてデートに挑む電車男。その姿は、ネットの住人たちの大きな希望になっていく…。


001.jpg


002.jpg




インターネットの書き込みから生まれた本作は、普段は社会の隅っこに追いやられがちな「ヲタク」の皆さんに光を当てた、真実のラブ・ストーリー。実際にネットで取り交わされた住人たちの会話やアドバイス、恋の行方は、不特定多数のネット・ユーザーたちの目に留まり、誰もが「電車男」の物語を、固唾を呑んで見守ることとなった。書籍化、漫画化、舞台化、そしてドラマ化と広がりをみせる「電車男」だが、映画では、2時間の中に濃いドラマが凝縮されて、一気に感動のクライマックスへ突き進んでいく。見事な変貌っぷりでヲタクな電車男を演じたのは、高い実力を認められている山田孝之さん。可憐さと芯の強さを秘めたエルメスさんには、中谷美紀さんが扮しているほか、二人を取り巻く掲示板の住人たちにも、国仲涼子さん、佐々木蔵之介さん、岡田義徳さんや瑛太さんという、個性あふれる面々が揃ってました。

でも普通に山田孝之さんがカッコ良い本物の電車男とはほど遠いような感じがしましたね~
だからドラマの伊藤敦史さんの方が電車男に似合っているように思えました
スポンサーサイト
2006/09/28 22:58|映画TB:3CM:4
コメント
本物の電車男=原作の電車男はブ男ではないですよ。身なりに気をつかえばアキバ系には見えない、という描写でもわかるし、ほんまもんのブ男であればエルメスはひかれなかったでしょう。それに映画ですから、ある程度の脚色がなければお客は呼べないと思います。でも映画版の電車男って決して「外見の変貌」が主題ではないところが深いんだと思うんですけどね。
M #-|2006/09/29(金) 16:29 [ 編集 ]
>Mさん
コメント有難うございます。m(__)m

確かに、電車男さんはぶ男じゃないのかもですね…。
>でも映画版の電車男って決して「外見の変貌」が主題ではないところが深いんだと思うんですけどね
私もそう思いました。頑張りと言うか、人間、勇気や努力、頑張れば出来る事もあると…。勇気をもらった感じでした。
☆かのん☆ #-|2006/09/30(土) 18:24 [ 編集 ]
はじめましてこんばんは。
映画版の電車男は原作の雰囲気を活かしつつ、よりドラマティックな完成度になっていると思いました。
山田さん、中谷さんの演技も好印象でした。

相互トラックバックさせていただこうと初トラックバックにチャレンジしたのですが、ブログ初心者で、ちゃんとできているのか自分で分かっていません;;
リンクがはれてないような気がします・・・。
何か間違いがあるようでしたら削除してもらってかまいません。
ご迷惑かけてたらごめんなさい!
月下 燕 #TK.GVu52|2006/10/01(日) 01:49 [ 編集 ]
>月下 燕さん
TB、コメント有難うございますm(__)m

ちゃんとTB出来ているようです。
私も山田さんと中谷さんの演技は好きです!
ドラマティックな出来ですよね…。
今後とも宜しくお願い致します。m(__)m
☆かのん☆ #-|2006/10/03(火) 21:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
TVで映画版『電車男』を観ました。 はじめに本を読んでたので、あえて映画は行かなかったんだけど、こんなことなら早く観とくべきでした。 本読んだ時も感動しましたが、映画はよりドラマティックでした。事実あったことではないけどありえたかもしれないエピソードを嫌味な
月下 燕  の日記 ~ a swallow under the moonlight 2006/10/01(日) 01:29
2005年 日本映画  監督 村上正典主演 電車男→山田孝之  エルメスたん→中谷美紀劇場窓口で『ネラーです』『2chネラー』ですという合言葉を言うと300円引きになると…それはガセ、釣りですからねぇ~
ちょっとひとことええでっかぁ~♪ 2006/10/12(木) 08:36
オフィシャルサイト → 電車男電車内で暴れる中年おじさんから若い女性を救った、ヲタク青年22歳。彼女いない歴=年齢の彼は実家在住のシステムエンジニアで、見るからにヲタクを地
日々映画三昧 2006/10/21(土) 00:48
トラックバックURLはこちら
http://kaeru11.blog77.fc2.com/tb.php/4-a380069a

お知らせ 

2004 5/12 kae-ruとは…。自分を変える。そんな事を思ってこのサイトをつくりました。                  2009/1/1 明けまして、おめでとうございます<(_ _)> 早いモノで、2009年、突入です!!今年は、どんな年となるか?楽しみです!!(o^∇^o)ノ  

ケロール情報 

けろっち 

ケロッグ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。