日常あった事や動画、映画の感想など好きな事書いていきます。

カウンター 

プロフィール 

☆かのん☆彡

Author:☆かのん☆彡
2月20日生まれ
うお座です!
主に動画やおもしろ画像、映画の感想など何でもありの日記を書いていきたいと思います!宜しくお願い致します。
m(__)m

音楽ログ 

自動的に音楽が流れます♪

YouTube再生をする時には、この音楽ログをOFFにしてから、再生して下さい。

最近の記事 

最近のトラックバック 

最近のコメント 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

CM…。

You Tubeを再生する時は、フロフィールの下にある、音楽ログをOFFにしてから、再生して下さい。

何だか最近?徹平くんのCMをよく観ます

癒されますね


JRA CM『CLUB KEIBA』 号外・予想大会編



JRA CM 『CLUB KEIBA』 春編メイキング編



JRA CM 『CLUB KEIBA』始まり編(小池徹平編)



CM アクネス 小池徹平



Making Of 「レオパレス21」「家具・家電つき」 CM with 小池徹平


2008/05/04 04:00|未分類TB:0CM:0

最近、ハマっております!!

You Tubeを再生する時は、フロフィールの下にある、音楽ログをOFFにしてから、再生して下さい。

携帯の着信音もこれです


2008/04/13 22:05|好き…。TB:0CM:0

どんだけ~~~!?

You Tubeを再生する時は、フロフィールの下にある、音楽ログをOFFにしてから、再生して下さい。


一昨日から、観っぱなしの子ビンです
日曜の朝観てから、「やって、やって、みせて~~~」とせがまれ、何度も観ています…。ヾ(_ _。)

2008/03/05 00:16|未分類TB:0CM:0

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

hari-potta-1.jpg


てな訳で、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のDVDを観ました
さらにカッコ良くなったハリーこと、ダニエル・ラドクリフ君…。
かなり成長が、感じられました
もちろん、ロンことルパート・グリント君や、ハーマイオニー役の、エマ・ワトソンちゃんも、さらに大人になっていました

hari-potta-2.jpg


hari-potta-3.jpg


ホグワーツの5年生になって学校に戻ったハリー。しかし、ホグワーツでは「闇の帝王」ヴォルデモートが蘇った事実が全く知られていなかった。ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が自分の地位を狙って嘘をついていると疑う。ダンブルドアとホグワーツの生徒たちを監視するために、「闇の魔術に対する防衛術」の新任教師、ドローレス・アンブリッジ先生を送り込む。ドローレス先生の仕打ちから、窮地に陥れられたハリーは…。

hari-potta-4.jpg


シリーズ第5作目を迎え、ハリーたちも魔法学校の5年生となった。5年生といえば、子供から大人に変わろうとする年頃。背が伸びて、顔つきも大人っぽくなったハリーが、ファッジ魔法大臣やドローレス先生たちに、子供ではなく、大人として立ち向かっていく過程が本作の見どころ。デヴィッド・イェーツ監督は、「大人になることへの反発と窮屈さ。思い通りにならない世の中でいかに自分を貫くかが本作のテーマ」と、語っている。キスシーンが注目されているけど、ハリーの初恋も気になるところ。出演は、ダニエル・ラドクリフらお馴染みのメンバーの他、エマ・トンプソン、ヘレナ・ボナム・カーターも加わり、英国の名優、総出演の豪華さだでした。

hari-potta-5.jpg


(goo参照)
2008/02/22 01:19|映画TB:0CM:0

キサラギ

キサラギ


てな訳で、小栗旬くん出演のキサラギを観ました


kisaragi3.jpg


知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。

kisaragi2.jpg


ひとつの部屋の中で繰り広げられる“密室劇”。日本映画には珍しい(?)ワンシチュエーション・サスペンスで、謎が謎を呼ぶ展開がとてもスリリングなのに、観終わるととても爽やかな後味のハートフルドラマ。そんな不思議な魅力の作品だ。三谷幸喜の舞台劇を観ているかのような絶妙な会話劇を構築したのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』で知られる脚本家・古沢良太と、「僕の生きる道」など秀作TVドラマを手がけてきた佐藤祐市監督。映画界、TV界のそれぞれタイプがまったく違う人気者5人を巧く配置して、不協和音が奏でる“一体感”を作り上げた感じでした。

(goo参照)
2008/02/22 01:03|映画TB:0CM:0

お知らせ 

2004 5/12 kae-ruとは…。自分を変える。そんな事を思ってこのサイトをつくりました。                  2009/1/1 明けまして、おめでとうございます<(_ _)> 早いモノで、2009年、突入です!!今年は、どんな年となるか?楽しみです!!(o^∇^o)ノ  

ケロール情報 

けろっち 

ケロッグ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。